未分類

AGAとは? 薄毛の原因と対策をわかりやすく教えます

投稿日:

AGAとは

AGAとは、男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう、androgenetic alopecia、)の略で、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことです。
AGAではこめかみの上から薄毛の進行が始まるのが多く、生え際がどんどん後退していき特徴的な「M字」パターンとなる。さらに頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛やハゲ髪になるのが一般的です。
AGAの原因は主に遺伝的な要素や男性ホルモンであり、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンの一種に、強力な「脱毛作用」がある事が研究によって明らかになっています。 男性ホルモンは主に、ヒゲやワキ毛などの「ムダ毛」を生やす作用があるのですがジヒドロテストステロンの場合、逆に髪の毛を減らす作用があるんです。 ジヒドロテストステロンは毛の生え変わる周期を早めてしまうので、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまいます。

抜け毛の原因のジヒドロテストステロンを減らす方法とは

ジヒドロテストステロンを減らす方法は二つ。
○生活習慣を見直す
○AGAクリニックで治療薬をもらって飲む

の2パターンしかありません。

生活習慣を改善してジヒドロテストステロンを減らす方法

  • ①偏った食生活
  • ②睡眠不足
  • ③運動不足
  • ④大量の飲酒
  • ⑤喫煙   

がジヒドロテストステロン発生の原因だと言われています。

また、テストステロンが減るとジヒドロテストステロンが増えると言われています。栄養不足・運動不足・睡眠不足はテストステロン減少の最大の原因なので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方はまずは生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。
アルコールを分解するのには「亜鉛」という成分が使われますし、喫煙時に発生した「活性酸素」を分解するのにも亜鉛が使われます。 亜鉛はテストステロンを生成するのに大事な役割をしているので、亜鉛が不足するとテストステロンが減少し、ジヒドロテストステロンが発生してしまいます。

亜鉛は1ヶ月分1,000円〜安いサプリなども出ていますし、飲酒や喫煙をやめられない方は飲むことを検討してみても良いのではないでしょうか。

また亜鉛は牡蠣や煮干し、するめ、などの魚類、牛肉やレバーなどの肉類、卵黄やごま、きなこなどに多く含まれているので好んで食べるようにするのも良いです。

また、ストレスの蓄積もジヒドロテストステロンの発生原因となるので要注意です。

治療薬でジヒドロテストステロンを減らす方法

生活習慣を改善するとは言ったものの、飲み会が頻繁にあってたり、夜遅くまで仕事をしたりする事は我々日本のサラリーマン男子には避けられません。 仕事を遅くまでやってストレスが溜まり、飲みに行って深酒してしまい寝不足&二日酔いという経験が誰しもあるのではないでしょうか。それが一番の薄毛の原因になってしまう恐れがあります。

生活習慣の改善も一つの対策なのですが、AGA治療のクリニックに行ってジヒドロテストステロンを減らす薬を処方してもらうという手段もあります。 ジヒドロテストステロンはテストステロンと「5αリダクターゼ」が結合して発生するのですが、フィナステリドという5αリダクターゼを抑制する有効成分を治療薬として取り入れたり、プロペシアを服用する事でジヒドロテストステロンを抑制したり事で抜け毛を防ぐという方法があります。

-未分類

Copyright© ひそかに流行ってるコスメ情報まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.